メガネとコンタクト、どっち派?見え方や費用負担を比較

皆さんはコンタクトとメガネ、どっち派ですか?

  • コンタクトは見た目が変わらず楽、スポーツのときに便利
  • メガネはかけるだけで装着が楽、目への負担が少ない

など、それぞれにメリットはあります。

最終的にどちらをメインに使うかは、見た目、見え方、手間、費用などで考えると思いますが

それぞれの場合においてどっちがより優秀か、比較検討してみました。

目次

メガネVSコンタクト

比較要素として以下のものを上げておきます。

  • ファッション要素
  • 見え方の質
  • 目への負担
  • 手入れ
  • 費用

それではさっそくいきましょう!

ファッション要素

メガネ

  • 種類が豊富で好みに合わせられる
  • 見た目の変化は大きい

コンタクトレンズ

  • 通常のコンタクトレンズでは見た目は変わらない
  • カラーコンタクトはファッション要素がある

結論

  • メガネもしくはカラーコンタクトレンズはファッション要素あり

↓メガネはファッション要素のある日常用具であると同時に医療機器であることから生じる、日本の眼鏡関係の闇については以下から。

メガネ・カラーコンタクト > 通常のコンタクト

見え方の質

度数は合っていることを前提とします。

メガネ

  • レンズの縁が視界に見える
  • レンズの縁より外側はぼやける(明瞭な視野がせまい)
  • フィッティングが悪い(かけている位置がずれる)と、見え方が悪くなる
  • 度数が強いと大きさが変化して見える(近視用メガネだと小さく、遠視用メガネだと大きく)
  • マスクをすると曇りやすい

コンタクトレンズ

  • 視野は広い
  • 慣れてないと異物感や乾燥感が強く見え方にも影響する
  • フィッティングが悪いと見え方だけでなく異物感も強くなる
  • 度数が強くても、モノの大きさの見え方が変化しにくい
メガネのフィッティングが悪い例

結論

  • コンタクトレンズのほうが良い可能性が高い(※ただし好みによる)

コンタクト > メガネ…?

目への負担

メガネ

  • 鼻当てや耳掛け部分がきついと痛むことがある
  • 直接目には当たらないので目が傷つくことはない

コンタクト

  • 直接目につけるため、異物感やドライアイ、結膜炎などを起こすことがある
  • 長期間の使用で角膜内皮細胞数の減少や、角膜血管侵入などが生じる

結論

  • メガネのほうが目に優しい

メガネ > コンタクト

手入れ・手間暇

メガネ

  • レンズが汚れたらレンズを拭く
  • フレームが曲がったら基本的には眼鏡屋で調整してもらう

微調節はメガネ屋じゃないと難しいです

コンタクト

  • 1dayコンタクトは手入れ不要
  • 1day以外は適切な手入れが必要
  • 不衛生な手入れでは目に害が出る

コンタクトレンズは高度管理医療機器で、適切に扱う必要があります。

結論

  • 1day以外のコンタクトは手入れの手間がかかる

1day・メガネ > 長期使用コンタクト

費用負担・金額

眼鏡は一度買ってしまえば度数がずれない限り・新しいデザインが欲しくならない限りお金はかかりませんが、モノによって金額は大きく差があります。(数千円~数十万円程度)

コンタクトレンズは使用期限分を使ったら、その都度新しいものを買う必要があり、お金は随時かかります。

メガネを月単位で新しいものを買う人は少ないと思うので、年単位で計算します。コンタクトレンズは毎日使用として、レンズ代のみで計算します。

メガネ

  • 初期購入代金のみかかる
  • 数千円~数十万円(ブランド、レンズ・フレームの質による)
  • 普通は数年間以上は使える

コンタクト

  • 1dayタイプ 5-6万円/年(月4000-5000円)
  • 2weekタイプ 2-3万円/年(月2000-3000円)
  • ハードタイプ 1-2万円/年(月1000円程度 ※1度の購入で数年使う)

結論

  • 安めのメガネが一番コストパフォーマンスが良い
  • コンタクトならハード<2week<1dayで高くなる

金額に関してはコンタクトレンズの場合は追加で保存液などの費用が少しかかります。コンタクトレンズを毎日つけるか、メガネと併用して週に数日つけるか、スポーツのときだけ月に数回つけるかなど、コンタクトの使用頻度によって金額も変わってきます。

(高級ではない)メガネ > コンタクト(ハード>2week>1day)

結論としておすすめなパターンを紹介

以上、いろいろと比較してきましたが、こういう人にはこっちがよい!という形でまとめてみました。

  • 見た目の変化を少なくしたい人→コンタクトレンズ
  • 見た目のおしゃれをしたい人→メガネ、カラーコンタクト
  • 見え方の質を気にする人→使い慣れていて見やすい方
  • 目への負担が気になる人→メガネ
  • 手入れ、自己管理ができない人→メガネ
  • 金額を安くしたい人→高級ではないメガネ

という感じでメガネ推しになってしまいました。

見え方の質に関しては慣れがあると思います。私はたまにしかコンタクトレンズを付けないので、メガネのほうが見やすいですね。(度数は合ってますよ?)

目の専門、眼科医はどっち派が多いか?

目の専門家である眼科医はメガネ、コンタクトどっちが多いか!?個人の印象で解説します。

男性医師

ほとんどがメガネ。コンタクトユーザーもいますが、そんなに多くないです。

女性医師

ほとんどが両使い。普段はコンタクトしているけど、たまにメガネのパターン。普段からメガネのみのメガネ女医もいますが、男性よりは明らかにコンタクトレンズ使用率は高いです。

主観的な印象ですが、周りの眼科医を見ているとそんな感じです。なぜメガネユーザーばっかりなのかと言うと・・・は以下でまとめています。

眼科医の気になるメガネ事情↓

メガネがある前提でコンタクトレンズを使いましょう

これは大事なことなのですが、コンタクトレンズは適切なメガネを持っていて初めて使用してokとなります。

いや、まぁダメというわけではありませんが、何かあったときに困るのは自分です。

コンタクトレンズは少なからず目に負担をかけます。コンタクトが使えないときやお休みするとき、忘れてしまったとき、外したときに見えるように、適切なメガネは必ずもっておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?まず大前提として、

「自分がメガネを使いたいか、コンタクトを使いたいか」が大事になってきます。

この<どちらを使いたいか>は

「ファッション要素・見た目の変化」が主で、「見え方の質」「手入れの簡便さ」「費用」などの理由が次に来ると思います。これらを総合的に考慮して、自分に合うのは何かを探すとよいと思います。

もちろん、メガネ、コンタクト両方使っても全然よいので(コンタクトばかり使うよりは目の負担が減るので良いと思います)、そのパターンもご検討ください。


今回はメガネVSコンタクトレンズの記事でしたが

コンタクトに関してよくある疑問点は以下の記事にまとめています。

同様にメガネに関するよくある疑問点の記事もまとめていますので、ぜひご覧ください。

コメント

コメントする

fifteen − nine =

トップへ
目次
閉じる