老人環 原因・症状・診断・治療について

老人環(arcus senilis)について。

若年にできる若年環というものもあるらしい。

目次

概要・病態

両眼性で角膜周辺部に帯状または輪状に全周性、もしくは上半分、下半分に生じる加齢性の角膜混濁。角膜実質浅層にリポイド(類脂質)が沈着することで生じる。

google画像検索「老人環」(㊟目の画像が大量に出てきます)

原因

リポイドが角膜周辺部、実質浅層に沈着することで生じる、加齢性変化。

症状

なし

所見が強い人は整容的に「目が白くて気になる」と言うことはある。

所見・診断

角膜周辺部を輪状に全周もしくは上方、下方など輪部に沿う形で白色に混濁する。環状混濁と輪部の間には透明帯が存在する。40歳以下の若年で認める場合は、脂質系の採血検査を確認する。

治療・予後

治療はない。(治療が不要)

片眼性の場合は、頸動脈狭窄・閉塞性疾患の精査を行う。青色強膜や、巨大角膜と合併することがある。


コメント

コメントする

1 × 4 =

トップへ
目次
閉じる