偽黄斑円孔/黄斑偽円孔 原因・症状・診断・治療について

偽黄斑円孔/黄斑偽円孔(pseudo macular hole: pMH)について。

黄斑円孔、分層黄斑円孔などと検眼鏡的には紛らわしい。

目次

概要・病態

中心窩の黄斑前膜が収縮することで中心窩縁がせり上がり、中心窩の陥凹が急峻になった状態。黄斑前膜の特殊な型である。中心窩周囲の黄斑前膜が半透明の反射があり、中心窩が暗赤色になるため円孔のように見える。

黄斑前膜では中心窩を含む形で膜組織が存在し中心窩も挙上される。一方、黄斑偽円孔では中心窩だけを回避する形で膜組織が存在し、中心窩周囲が挙上され中心窩は相対的に後退している。

上:偽黄斑円孔 中:分層黄変円孔(牽引型) 下:分層黄変円孔(変性型)
引用:Assessment of Lamellar Macular Hole and Macular Pseudohole With a Combination of En Face and Radial B-scan Optical Coherence Tomography Imaging


原因

黄斑前膜と同様である。

あわせて読みたい
網膜上膜(網膜前膜、黄斑上膜、黄斑前膜、ERM)原因・症状・診断・治療について 網膜上膜(epiretinal membrane: ERM)について。 この疾患、呼び名がいろいろありすぎます。 【概要・病態】 硝子体網膜界面に生じる膜状の細胞増多であり、網膜上(IL...


症状

黄斑前膜と同様に歪視、視力低下を認めるが、円孔ではないので、初期には視力は比較的保たれていることが多い。




所見・診断

眼底検査にて黄斑部中心窩に円孔様所見を認める。検眼鏡的には黄斑円孔や分層黄斑円孔と鑑別が難しいことがある。OCTで網膜前膜を認めること、中心窩の急峻な陥凹を認めること、網膜の層構造に網膜分離を認めないこと(網膜の層構造自体に影響がある場合は分層黄斑円孔となる)

アムスラーチャート、Mチャートなどで歪視の程度を確認・評価する


治療・予後

治療は網膜前膜手術と同様である。

無治療でも進行は緩徐でほとんど変わらないこともあるが、膜の増生や収縮が強くなると視力低下や歪視が進行する。手術によって視力の改善、歪視を減少させることはできるが、多少は残る可能性が多い。


コメント

コメントする

15 + 11 =

トップへ
目次
閉じる