医学部6年間でかかる学費ランキング 国立VS私立

記事作成時(2022年)における学費です。

私立大学医学部の学費は高いです。

一方国立大学は一律なので、医学部の学費が高いわけではありません。

目次

国立大学の学費

国立大学の学費はどこもおおよそ同じ程度となり、

  • 入学金282,000円
  • 授業料535,800円(半期267,900円)

が標準額となります。標準額とはその名の通り基準となる金額で、各大学はそこから上限20%以内で決めることができます。

従って標準額を基準とすると、医学部6年間では合計で

282000+(535800×6) = 3496800円で、約350万円かかります。

これは、どこの大学でもほぼ同じです。

授業料は医学部に限らず、他の学部でも一緒です。理系でも文系でも変わりません。(4年制大学の場合2年分上記額よりは減ります。)

私立大学の学費

一方私立大学は各大学がそれぞれ学費を決めることができるので、金額は様々です。

学費無料の大学

  1. 自治医科大学
  2. 防衛医科大学(※)

(※)防衛医科大学は省庁大学なので私大ではないですが、金額的に国立とは異なるためこちらにまとめました。

上記二つの大学は、条件を満たせば授業料は無料です。

自治医大では卒後9年間、都道府県の定める研修指定医療機関(4年間)及び僻地(=島とか山とかの過疎地域)(5年間)で勤務する必要があり、辞退する場合は返済義務が生じます。返済額は下記ランキングの金額から計算されると思われます。ちなみに自治医大卒業後は身分は「都道府県職員」となり、給与も通常とは異なります。

防衛医大では卒後9年間、自衛隊に勤務する義務があり、それ以前に退職(退官)した場合は返済義務が生じ最大4500万円程度かかるようです。私大の中でも最下位レベルの金額です。ちなみに防衛医大では学生でも身分が「特別職国家公務員」となり、学費が無料どころか月額約12万円と年2回のボーナスが支給されます。

要するに、卒業後9年間勤務が指定・拘束されるのと引き換えに、授業料が無料となるわけですね。金か時間かという感じです。詳細は下記記事を参考に。

私立医学部学費ランキング

下記は6年間でかかる総額金額になります。

大学名学費
国際医療福祉大学¥18,500,000
順天堂大学¥20,800,000
日本医科大学¥22,000,000
慶応義塾大学¥22,059,600
東京慈恵医科大学¥22,500,000
自治医科大学¥23,000,000
東邦大学¥25,800,000
昭和大学¥27,922,000
関西医科大学¥28,140,000
東京医科大学¥29,400,000
藤田医科大学¥30,526,000
産業医科大学¥30,697,800
大阪医科薬科大学¥32,075,000
日本大学¥33,380,000
東北医科薬科大学¥34,000,000
岩手医科大学¥34,000,000
愛知医科大学¥34,350,000
聖マリアンナ医科大学¥34,400,000
東海大学¥35,306,200
近畿大学¥35,827,000
久留米大学¥36,378,000
獨協医科大学¥37,300,000
杏林大学¥37,590,700
兵庫医科大学¥37,600,000
福岡大学¥37,738,260
帝京大学¥39,380,140
北里大学¥39,528,000
埼玉医科大学¥39,570,000
金沢医科大学¥40,543,000
東京女子医科大学¥46,214,000
川崎医科大学¥47,365,000
引用:医学部受験ラボ

最安値と最高値で2倍以上の学費の差があります。

単純に6年で割ると、年額は約310~790万となります。ですが、大体どの大学も初年度が高い傾向になります。

授業料免除・特待生制度

だいたいどの大学も授業料免除や特待生制度による授業料減額制度があります。

国立大学では、条件を満たせば入学金・授業料が「半額~全額免除」となります。

私大では多くは「特待生制度による授業料減額」ですが、ある大学はあります。

しかし私大では2番目に安い順天堂大学ですら、特待生で1年次200万、2年次以降100万円ずつかかるようです。元の金額を考えると大幅に安くなりますが、それでも国立よりは高くなります。

国立大学では、授業料免除を受け続ければ、実質全額無料で卒業まで過ごすことができます。

どちらにせよ国立の方が学費は安い

まとめ

  • 国立大学の学費は学部関係なくどこでもほぼ一緒
  • 私立大学の医学部の学費は高い
  • 授業料減額・免除制度があること
  • 国立大学は授業料免除で実質無料で卒業することもできる

今でも世間では「医学部行くなんて家庭が裕福」「うちはお金的に通わせられない」などという勘違いがありますが、それは私立大学であり、国立大学ではそんなことはありません。むしろ家計が厳しいほど授業料免除申請は通りやすくなるため、負担少なく大学生活を送れます。

伝えたいことは、お金のことで夢を諦めず、そして諦めさせないようにして欲しいということです。

コメント

コメントする

2 × 3 =

トップへ
目次
閉じる