目が赤い!本当に充血?結膜下出血とは

目が赤いときの評価と眼科受診の必要があるのか、ないのかなど説明します。(心配であれば受診しておけば間違いないです。)

目次

目が赤くなる2種類

結膜下出血と結膜充血

目が赤くなる原因としては、大きく出血と充血があります。

結膜下出血

上の画像の左側の場合のとき。このように、ベターっとした赤い状態、ドロッとした赤い状態、濃い赤のペンキで塗ったような状態は、出血です。

見た目の怖さ、びっくり具合は飛び抜けています

白目にも細かい血管は張り巡らされています。それらが、何らかのきっかけ・衝撃などで切れてしまい、出血してしまった状態です。「朝目覚めたらなっていた」「顔洗ったらなった」「目を少し掻いたらなった」など、いつの間にか気付いたらなっていたパターンが多いです。非常にたくさん繰り返す場合は、血管が脆くなっている証拠です。したがって、若い人より高齢者に多いです。

出血は自然に吸収されていくため、放っておけば治ります。(出血量に依りますが、1週間~1か月程度)

赤み自体は引くのをただ待つしかないので、治療はありません。驚くほどの赤さだけで、基本的には他に症状はありません。出血した部分の結膜がむくんで瞬きの摩擦でごろごろ感じることはあります。充血ではありません

赤いだけで特に症状がなければ、放っておいて全く問題ありません。

ごろごろしたり症状がある場合は、眼科受診してください。

google画像検索「結膜下出血」(㊟目の画像が大量に出てきます)

結膜充血

上の画像の右側の場合のとき。白目の血管は細いため普段目立ちませんが、充血した状態では血管が太くなるため、目が赤みを帯びて見えます。出血のときのようにベタ塗りしたような色ではなく、血管自体がたくさん見えて赤ピンクっぽく見えます。

充血は何らかの炎症が目で起こっており、血管が拡張している状態(=結膜炎)です。(アレルギーや細菌などの感染)

目を使いすぎたときや、軽度で一時的なこともありますが、治らない場合は眼科受診しましょう。(すぐ受診していただいてもokです)

  • 見えにくさを伴う場合→早急に受診を
  • 痛みを伴う場合→早めに受診を
  • 目やにが多く出る場合→早めに受診を
  • 涙が多く出る場合→早めに受診を
  • 赤いが何ともない場合→様子みてもok

google画像検索「結膜炎」(㊟目の画像が大量に出てきます)

まとめ

出血

ベタ塗りの赤い状態。自然に吸収されるのを待つ。治療はない。見た目は驚愕する。

充血

血管が太く目立って赤ピンクっぽい状態。何らかの原因があって血管が拡張している。症状が強い場合は早めに眼科に受診を

結膜下出血でも患者さんはたくさん来ます。

いずれの場合にせよ、心配であれば眼科を受診しましょう。

コメント

コメントする

twelve − three =

トップへ
目次
閉じる