オススメの眼内レンズメーカーはどこなのか?

日本一件数が多い手術である(真偽不明)白内障手術ですが、白内障は基本は加齢に伴う変化です。

現役バリバリの医師は30代から大きく見積もっても50代まで。もちろん60歳すぎても働いている医者はそこら中にいますが、多くは少しペースを落としていると思います。

加齢性の白内障は早い人でも50代くらいからです。基本は60代後半~80代で手術している人が多いと思います。

したがって多くの眼科医は、バリバリ白内障手術をしていても、自分は白内障になったこともないし手術を受けたこともないし術後の見え方も経験的な意味では知らないです。(治療している医師がその疾患を身をもって知っていることが少ないのはどの科も同じですが)

ハローとかグレアとか、術後の見え方で気になることを質問されたり、術後に訴える方はしばしばいますが

そのメーカーのレンズの特性なのか、はたまた元々の見え方から変わったからなのか、光が入るようになって光を強く感じているのか、その人の性格の問題なのか、いろんな可能性がありますが

眼科医が知っているのはレンズメーカーが言っていることと、研究データで公表されていること、実際に手術した患者さんからの感想ぐらいです。

単にメガネだったら自分が使っていてオススメのメーカーのレンズとかわかるんですけどね。

なので、術後にいろいろ言われても、ある程度の許容される内容の自覚症状であれば「そんなもんですよ」と言ってしまうところはあります。

しかしもちろん、より見え方が安定して違和感の少ないレンズを入れたいとは思っています。(保険適用の眼内レンズを入れる際にメーカーを患者に選択してもらうことは少ないと思いますが)

実際にはそんなことよりも安く仕入れることができるメーカーを使うことが多いと思います。まぁ実際、性能にそこまで大きな差はないという気もしますが。

どのメーカーも自社のレンズを良いところを熱心に解説してくれますが、実際どうなのか?という点で

自分は経験していないし、経験した眼科医でも目は2つしかないため最大で2社のレンズの見え方しか知らないわけです。普通は。

自分が手術受けるんだったらどのメーカーの眼内レンズ入れる?

と言われても、なんとも言えないしわからないですね。

多焦点にするか含めても、悩ましいところではあります。

目、2つしかないからなぁ・・・

結論

おすすめの眼内レンズメーカーは?

→わかりません

自社以外のメーカーのレンズを勧めるメーカーの人がいたら話聞きたいところですね。

コメント

コメントする

1 + eleven =

トップへ
目次
閉じる