ピンホールメガネによる視力改善効果はあるのか?

ピンホールメガネによる視力改善効果は、

ない です。

ないのですが、ピンホールメガネを掛けると見やすくはなるのは事実です。

掛けている間は見やすいですが、外したら元に戻る、外しても視力がよくなっているわけではない、とうことです。

何が起こっているのか解説します。

※この記事はピンホールメガネの購入を勧めるものではありません。記事内にリンクを貼っていますが、画像でイメージしやすいように載せています。購入は自己判断で。

目次

ピンホールメガネとは

ピンホール上に穴が数箇所~たくさん空いているメガネ。

穴が空いていないところは普通は真っ黒で、光を通過しません。穴が空いている部分だけから見える仕組みです。

上のような感じで、穴が空いている数はデザインによっていろいろ異なります。

アマゾンでは値段は数百円~数万円まで、いろいろありました。

↓1万円を超えるピンホールメガネ

↓2万円を超えるピンホールメガネ

デザインがいろいろあって、金額設定もいろいろあって面白いですね。高いやつは何となくスタイリッシュな感じがします。

しかし繰り返しますが

ピンホールメガネに視力を改善・回復する効果はありません。

ピンホールメガネで見やすくなる理由

ピンホールメガネは掛けている間は見やすくなります

これは本当で、「見やすくなった」「効果がある」「すごい」などと思うかもしれません。

しかしメガネを外したら、もとに戻ります。(見にくくなります)

外しても見やすい状態、すなわち(もともとの)視力が回復・改善した、ということは起こりません。

※目の緊張状態で起こる仮性近視などでは改善することもあります



これは、ピンホール効果という物理学的な原理で起こっているだけです。

ピンホール効果とは何か

ピンホール(せまい穴)に光が通るときに起こる現象です。

  • 狭い穴の部分しか光が通らないので、光の量は減ります(暗くなる)
  • 一方で狭い部分からの光は奥行きの広い範囲に光が届きます(焦点深度が広がる)

この焦点深度が広がる(深くなる)というのがキモで、この物理現象によって、見やすく感じているだけです。

焦点深度の詳しくは上の記事紹介していますのでご確認ください。

まとめると、

「見やすい奥行きの幅が広がる」ため、見やすいということです。

  • 近視の人は遠くが見にくいですが、焦点深度が広がれば少し遠くまで見やすい部分が広がって、見やすくなる
  • 老眼の人は手元が見にくいですが、焦点深度が広がれば手元近くまで見やすい部分が広がって、見やすくなる

ということです。

どのタイプのピンホールメガネがよいか?

視力回復法、すなわち「メガネを外したあとも視力が上がるか」という観点でいうと、視力回復はしませんのでどれでもよいです。ただしデザインなどにより、見やすいタイプのピンホールはあると思います。

具体的にどのタイプのピンホールが見やすいのか、は研究データがあるかもわかりませんが、人の目自体もいろいろ個人差がありますので、その目の状態によって見やすいタイプのピンホールも異なってくると思います。

しかし単純に穴が多いほど見やすい、穴が小さいほど見やすい、というものではありません。

それは

  • 穴が小さいほど焦点深度は広がる(見やすくなる)
  • 穴が小さいほど光の入る量は減り暗くなる(見にくくなる)
  • 穴が小さいほど光の回折現象は大きくなる(見にくくなる)
  • 穴が小さいほど高次収差は小さくなる(見やすくなる)

「回折」「高次収差」という新たなワードがでましたが、これも物理現象を表す言葉です。

光が通る穴の大きさや数によって、これらの要素が関係してきて見やすさに影響するため、複雑なんですね。

まとめ

  • ピンホールメガネに視力回復の効果はない(ほぼ正しい)
  • 掛けている間は見やすいが、外したら見にくくなる
  • ピンホール効果で焦点深度が深くなるから見やすくなるだけである
  • 穴は小さいほど見やすいというわけではない

ピンホールメガネで視力が改善する と書いてあったら、それは多分ウソですので、すぐに飛びつかないようにしましょう。

関連する焦点深度の記事はこちらから

コメント

コメントする

three × three =

トップへ
目次
閉じる