結膜乳頭腫 原因・症状・診断・治療について

眼瞼結膜、球結膜にできる乳頭腫(conjunctival concretion)について。

目次

概要・病態

重層扁平上皮が乳頭状に増殖した良性腫瘍。

球結膜、瞼結膜どちらにもできる。

他、皮膚、口腔内、喉頭、外陰部粘膜などに発生する。

幅広い年代に発生するが、10~30代の若年層に多い。

下眼瞼結膜円蓋部、涙丘に好発する。

結膜扁平上皮癌(CIN)との鑑別が重要である。

乳頭腫扁平上皮癌(CIN)
好発年齢10~30代60代~
好発部位下眼瞼、涙丘球結膜、角膜輪部
所見多発、有茎性単発、水平方向に拡大
HPV6,11型16,18型
乳頭腫と扁平上皮癌との鑑別

googleで画像を確認する

google画像検索「conjunctival papilloma」(㊟目の画像が大量に出てきます)

原因

ヒトパピローマウイルス(HPV)の6, 11型の感染が発症に関与するとされる。

症状

大きくなると異物感などを感じる。

見た目が気になる。

所見・診断

有茎性の乳頭状、カリフラワー状の血管に富んだピンク色の腫瘍を確認する。

組織学的には、増殖した上皮の中に血管を含む線維性結合組織fibrovascular coreが見られる。

治療・予後

治療は切除である。(局所麻酔後、単純切除し圧迫止血する)

切除後に冷凍凝固などを追加することがある。

再発を繰り返すことがある。

異形成はあっても癌化することはないとされる。(眼科アトラスシリーズより)

コメント

コメントする

fifteen + 16 =

トップへ
目次
閉じる