分層黄斑円孔 原因・症状・診断・治療について

分層黄斑円孔(lamellar macular hole: LMH)について。

黄斑円孔、分層黄斑円孔などと紛らわしい。

目次

概要・病態

黄斑部に非全層性の組織間隙や組織消失、網膜分離などを生じた状態。PVDが生じる際に非全層性の円孔があくと分層円孔となるが、その他でもERMが生じて網膜分離が生じている例、分離網膜の部分が変性している例など、LMHは形態的に多彩である。①牽引型LMHと②変性型LMHに分類されたりする。

牽引型LMH
引用:Lamellar macular hole surgery – current concepts, future prospects
変性型LMH
引用:Lamellar macular hole surgery – current concepts, future prospects


個人的メモ

牽引型では上図のようにだいたい網膜前膜の存在が記載されているが、PVDが起こっている場合はPVDが生じた際に分層円孔・網膜分離が生じ時間が経って残存皮質にERMができているように思う。(OCT診断学にはERMがない網膜分離を含む分層円孔が多数載せてあるため。)PVDが起きていないとすれば中心窩周囲の部分PVDは起きている前提で中心窩に牽引がかかるので、その時点ではERMは存在しないと思われる。



原因

基本的には黄斑円孔と同様で、後部硝子体剥離の際の牽引が黄斑部にかかり、その際に中心窩が全層性に欠損するのではなく、部分的に欠損して生じる。


症状

歪視や視力低下など


所見・診断

眼底検査にて黄斑部中心窩に円孔様所見を認める。検眼鏡的には黄斑円孔や分層黄斑円孔と鑑別が難しいことがある。

OCTでERMや網膜分離を含む分層の円孔(網膜の層自体への影響)がある。




治療・予後

硝子体手術を行う。ERMがあるものはERM除去をする。円孔が大きいものにはLHEP: lamellar hole–associated epiretinal proliferationと呼ばれる中心窩付近の網膜組織を円孔内に埋め込んだりする。ISOSラインが保てていない例などは視機能改善が乏しい可能性がある。


コメント

コメントする

3 × one =

トップへ
目次
閉じる