コロナ感染予防の正しい手袋の使い方<手袋つけっぱなしの人たちへ>

一般の方にはぜひ読んで頂きたい内容です。

コロナ禍になってほとんどの人がマスクを付けるようになりました。マスクに関しては鼻を出していたら意味がないです。

それと同様に意味がない使い方をしているものに、仕事中に使い捨てのビニールorニトリルなどの手袋をつけっぱなしにしている人、が挙げられます。(スーパーや飲食店、その他でしばしば見ます)

もし仕事中に手袋を付けているようなら要注意。知らないと汚染を広めている可能性が高いです。

意味をわからず手袋をつけているのなら、はっきり言って手袋を付けている意味はありません。正しい使い方で手袋を使いましょう。本当に、意味がないですので・・・。

目次

そもそも使い捨て手袋はなぜ付ける?

「手が直接汚れないために」です。

元々は水回りの掃除のときなどに使いませんか?

そのまま触ったらヌメりが付いたりいろいろ手に付いて汚くて嫌ですよね。

それを回避するために使い捨て手袋を付けるわけです。

手や服が汚れないように手袋、エプロンなどをつける

では非常に簡単なお話。

その手袋を付けて水回りの掃除をしたとします。排水溝に手を突っ込んだとします。

手は1枚の手袋で守られていますので直接は汚れませんが、手袋の表面は汚くなりますよね???

手袋には汚れ、菌がいっぱい

当たり前ですね。では、そのヌメって汚れた手袋で、自分の服や顔、他の物を触ったりしますか???

しませんよね、したら汚れが移って汚いですから。



これなんです。同じことなんです。

菌やウイルスは目で見えないので、もし手袋に移っていても一見汚れていないように見えますが、手袋したままいろいろ触ると、見えない菌・ウイルスはどんどん広まっている可能性があります。

手袋付けっぱなしが汚い理由

上で説明したとおりですが

  1. 手袋を付けた状態で何かに触る
  2. 手袋の表面に見えないウイルスが付く
  3. 手袋付けたまま作業を続けてあちこち触れる
  4. 手袋の表面についていたウイルスがあちこちに広まっていく
  5. 手袋をつけたまま自分の服に触れたり顔に触れたりすると自分にもウイルスが付く
    手袋をつけたまま触ったところに触れてもウイルスが付く
    手袋をつけたまま目を掻いたりするとそのまま結膜から感染する可能性もある

ということです。

手袋をつけたままいろんなものを触るのは、結局なにも意味をなしていないということ。自分の手の表面は汚れませんが、結局既にあちこちが汚染されているので、外したあとそこに触れば簡単に汚染しますし、そこまで気にしている人は少ないので普通に汚染します。

なので、最近スーパーや飲食店で見かける手袋を付けっぱなしで作業をしている人、感染予防を意識して付けているのであれば、あれはまったく意味がないのです。(1回1回付け替えているなら意味大ありです。)

手袋をどのように使用すればよいのか?

1回1回外して捨てればokです。人(人の物)に触れるときに付けて、それが終わったら外します。

医療従事者はもともと手袋を付けることが多いですが、「人に触れるとき」に付けます。そして、人への接触が終わったら即外して捨てます

付けっぱなしで歩いていたら、「汚い」「不潔」となり、注意されるか避けられます。何に触れたか分からない手袋を付けて歩き回っているんですから。

そんな手で触られたら最悪だし、そんな手でパソコンなんか触られたら次に使った人の手に付きます。

手袋の代用法はないのか?

手袋を一回一回取り換えるのは結構手間ですし、ちゃんと取り換えていたらかなりの量を消費します。

そんなんやってらんないよ!!っていう人がいるかもしれません。だったらはっきり言って、手袋しないほうがよいです。

しててもしなくてもそんなに変わらないですから、無駄です。(自分の手は守れますが、結局あちこち自分の身体にも触れている場合がほとんどなので、結論意味はほぼないと思います)

だったら手袋はしないで、「人に触れる前と触れた後に毎回アルコール消毒をする」とすればよいです。

1対応毎に毎回アルコール消毒すれば、毎回手は清潔な状態です。

触れる前に消毒すればそのあとに触れる人、物への汚染は抑えられます。触れた後にすぐ消毒液すれば自分の手は綺麗な状態となり、同様に汚染を広めにくくなります。

アルコールはアルコールで「手が荒れる」などいろいろ意見がありそうですが、これも医療従事者は毎回やっています(怠っている人もいると思いますが)。

  • 手が荒れるのが嫌だったら、手袋を付けて1対応ごとに毎回外す
  • 手袋をたくさん使いたくないなら、毎回アルコール消毒をする

この2択です。

まとめ

  • 手袋をつけたままあちこち触っていたら全く意味がない
  • 1対応毎に手袋は付け替えましょう
  • 無理なら1対応毎にアルコール消毒をしましょう

気持ち的には清潔に見えるかもしれませんが、医療者からしたら「汚く」見えます。

そして実際にその手袋の表面は、汚いです。

清潔感を出すために意識して手袋をしているものだと思います。

その「意識」はとても良いことなのですが、間違ったやり方をしていたら意味がないし、無駄な行為になります。

正しいやり方で、感染予防をしましょう。

コメント

コメントする

five − two =

トップへ
目次
閉じる