肉芽腫性・非肉芽性ぶどう膜炎 所見・疾患まとめ

ぶどう膜炎の分類は主に、①原因(感染性・非感染性)、②場所(前部・中間部・後部・汎)、③所見(肉芽腫性・非肉芽腫性)で分けられます。

そのうちの肉芽腫性か非肉芽腫性に関しては、細かくまとまったものが中々見つからない・書籍によって書いてあることがまちまちだったりするので、できる限りまとめてみました。

そもそも所見が重複するから記載していない可能性もあり、やや確実性に劣るかもしれません。

目次

肉芽腫性、非肉芽腫性とは

  • 肉芽腫性ぶどう膜炎は、炎症細胞同士が接着して塊や結節を作る性質を持つ
  • 非肉芽腫性ぶどう膜炎は、炎症細胞同士が接着して塊を作らない性質を持つ

肉芽腫か非肉芽腫かは大きくこのような性質の違いにより、分けられる。これらの更に分類していくと大まかに下のようになる。

肉芽腫性ぶどう膜炎非肉芽腫性ぶどう膜炎
浸潤細胞マクロファージ
リンパ球
好中球
前眼部所見豚脂様角膜後面沈着物
虹彩結節、隅角結節
白色微細角膜後面沈着物
フィブリン、前房蓄膿
硝子体混濁雪玉状びまん性
血管炎所見結節性びまん性
網膜滲出班境界明瞭境界不明瞭

豚脂様=mutton-fat KP
白色微細=(white) fine KP

肉芽腫性ぶどう膜炎 疾患一覧

  • サルコドーシス(非乾酪性肉芽腫)
  • Vogt-小柳-原田病
  • 交感性眼炎(原田病とほぼ同一病態)
  • 結核性ぶどう膜炎(乾酪性肉芽腫)
  • ヘルペス性虹彩毛様体炎(VZV,HSV,CMV)
  • 急性網膜壊死(VZV,HSV)
  • 水晶体起因ぶどう膜炎(→D/D術後眼内炎、TASS、交感性眼炎)
  • 梅毒性ぶどう膜炎(前房蓄膿伴うことあり)
  • 眼トキソプラズマ症(クオリファイ)
  • 眼トキソカラ症(肉芽腫型)
  • TINU症候群(間質性腎炎ぶどう膜症候群)(眼科学)

非肉芽腫性ぶどう膜炎 疾患一覧

  • ベーチェット病
  • 急性前部ぶどう膜炎(HLA-B27と強い相関)
    →強直性脊椎炎、潰瘍性大腸炎、Crohn病、Reiter病、乾癬など
  • 糖尿病虹彩炎
  • 内因性細菌性眼内炎(フィブリン、前房蓄膿)
  • 眼レプトスプラ症
  • リファブチン関連ぶどう膜炎(急性前部ぶどう膜炎)

被るところもあり不明なもの

  • osner-Schlossman症候群(fine KP、CMV関連、隅角結節認めることあり)
  • Fuchs虹彩異色性虹彩毛様体炎(隅角結節認めることあり)
  • 細菌性眼内炎(豚脂様KP+、前房蓄膿+)
  • 真菌性眼内炎(脈絡膜滲出性肉芽腫病変、フィブリン、前房蓄膿)
  • HTLV1関連ぶどう膜炎(white KP、虹彩結節、ベール状硝子体混濁)
  • 腫瘍(悪性リンパ腫、転移性腫瘍、白血病など)(虹彩結節を認めることあり)

他・所見などで分類

小児ぶどう膜炎

  • 若年性特発性関節炎(juvenile idiopathic arthritis: JIA)
  • TINU症候群(間質性腎炎ぶどう膜症候群)

豚脂様角膜後面沈着物

基本的に肉芽腫性ぶどう膜炎である

  • Vogt-小柳-原田病(慢性期)
  • 交感性眼炎(慢性期)
  • サルコイドーシス
  • ヘルペス性虹彩毛様体炎
  • 急性網膜壊死
  • TINU症候群(微細なことが多いが、まれに豚脂様)
  • HTLV-1関連ぶどう膜炎(時に)

前房蓄膿

基本的に非肉芽腫性ぶどう膜炎で出現する

  • ベーチェット病
  • 急性前部ぶどう膜炎
  • 糖尿病虹彩炎
  • 術後眼内炎
  • TASS
  • 細菌性・真菌性・水晶体起因眼内炎
  • HLA-B27関連ぶどう膜炎(強直性脊椎炎、潰瘍性大腸炎、Crohn病、Reiter症候群、乾癬)

脈絡膜新生血管

  • 真菌性眼内炎
  • Vogt-小柳-原田病(慢性期)
  • 交感性眼炎(慢性期)
  • 多発性消失性白点症候群MEWDS(まれに)
  • 点状脈絡膜内層症PIC
  • 地図上脈絡膜炎(10~25%)

病巣が脈絡膜にある疾患に生じ得る

網膜新生血管

基本的に網膜血管閉塞により新生血管が出現する

  • 真菌性眼内炎
  • 免疫回復ぶどう膜炎(immune recovery uveitis: IRU)←CMVが関連しているとされる(視神経乳頭NV)
  • 結核性ぶどう膜炎(血管閉塞部位から)


コメント

コメントする

4 × 5 =

トップへ
目次
閉じる