世界初の点眼薬 グラアルファの特徴と付け心地

2022年12月6日に興和から新しい点眼薬が発売となりました。

特徴や副作用、付け心地、効果効能など簡単にまとめます。

目次

特徴1 点眼ボトルの色

ゴールドの点眼ボトルです

→参照 https://medical.kowa.co.jp/asset/pdf/info/2211new_gas_iryou.pdf

世界初かは知りませんが日本初?あまり見かけない外装です。

特徴2 世界初の組み合わせの合剤

配合剤です

組み合わせとしては世界初

グラナテック®(リパスジル)とアイファガン®(ブリモニジン)の配合薬となります

特徴3 世界初の眼圧下降機序コンプリート

眼圧下降機序は現在のところ、3つあるとされています

  1. 房水産生の抑制
  2. 主流出路からの流出増大
  3. 副流出路からの流出増大

2の主流出路への作用の薬剤は多くありませんが、そのうちの一つがグラナテックです

アイファガンは1の房水産生抑制と、3の副流出路からの流出増大効果があります

これらを合剤にすることで、3つの眼圧下降機序をコンプリートすることになります

特徴4 充血します

点眼後充血しますが効能上それが普通です

グラナテックの点眼後は充血しますが、そのグラナテックが含まれるので、充血します

自分の目で試したところでは、1時間程度は充血していました。赤いときは結構、赤くなりましたね。

外出前には点眼しにくいです。(早起きして点眼して外出前に充血が消えていてほしい)

付け心地

自分の目での感想としては

多少しみるかな、程度でした。

薬価

515円/ml

5mlボトルなので、1本あたり2575円となります。

薬価としては配合剤の中で一番高い薬となります。

3割負担であれば772円

1割負担であれば257円となります

効果効能

他の緑内障治療薬で効果が不十分な

  • 緑内障
  • 高眼圧症

臨床試験上では

  • グラナテック単剤よりも
  • アイファガン単剤よりも
  • グラナテック+アイファガンの2剤併用よりも

眼圧が下降していることが確認されているようです

1日2回点眼です。

禁忌

  • 本薬剤に過敏症、アレルギーの既往のある患者
  • 2歳未満の幼児(低出生体重児、新生児など含む)

幼児に禁忌なのはアイファガンの関係です。

今後の合剤の使い方

現状プロスタグランジン(PG)製剤の眼圧下降が最強というところに、自席で優秀なβ遮断薬が配合されている

  • ザラカム(キサラタン+チモプトール)
  • デュオトラバ(トラバタンズ+チモプトール)
  • タプコム(タプロス+チモプトール)
  • ミケルナ(キサラタン+ミケラン)

の4種が配合剤としてまず選択されると思います。

残った薬剤種類として主に、

  • CAI(トルソプト、エイゾプト)
  • α2刺激薬(アイファガン)
  • Rhoキナーゼ阻害薬(グラナテック)

となります。

今まではアイラミド®(アイファガン+エイゾプト)がα2とCAIをカバーして、最後にグラナテックというパターンがありましたが

今回のグラアルファ発売により、次にグラアルファ(グラナテック+アイファガン)でα2とRhoカバーし、最後にCAIというパターンもできました。

アイラミドは眼瞼炎やアレルギーが時折でてくる薬剤です。グラアルファも充血しますしアレルギーもありますので、、、どっちが使いやすいかというと、どっちもどっちな気がします。

ただし「眼圧下降機序として」は全てコンプリートしているのはグラアルファですね。

まとめ

  • 世界初の組み合わせの緑内障配合剤「グラアルファ」
  • 眼圧下降機序は1剤で3つコンプリートしている
  • 外装がゴールドで目立つ
  • 点眼後は充血しますが問題ありません
  • 薬価は他の配合剤同等だがその中でも一番高い

コメント

コメントする

トップへ
目次
閉じる