コロナ(COVID)ワクチン3回目の副反応、実体験(ファイザー社製)

先日コロナワクチン3回目を受けたので、その実体験記録です。

結論として、症状は強くはでませんでした。

目次

コロナワクチン1回目のとき

発熱なし、だるさなし

注射部位のわずかな腫れ、痛み+

触ると少し腫れているな~、動かすと少し圧迫感というような重い痛みのような感じがあるな~という程度

コロナワクチン2回目のとき

翌日に発熱あり、ややだるさあり

注射部位のわずかな腫れ、痛み+ (1回目よりはわずかに強め)

38度前半程度の発熱があったが、翌日には改善した

コロナワクチン3回目のとき

翌日に発熱あり、ややだるさあり、注射部位の痛みやや強め

普段そんなに頻繁に熱を測ることはないが、体温計を持参し測りまくってみた。

  • 注射前 36.3度
  • 注射後2時間 注射部位(肩)痛み、軽度頭痛
  • 注射後6時間 37.1度
  • 注射後15時間 37.4度 腕痛み強め
  • 注射後24時間 37.4度 腕痛み強め、怠さ+
  • 注射後48時間 36.5度(解熱) 肩の痛み少し残る
  • 注射後72時間 肩の痛みもほぼ消失

熱はそこまで上がらなかったため、倦怠感もそこまで強くはなかった。一方、肩の痛みはそこそこあって、腕を伸ばすと痛み++。特に解熱薬を飲むこともなく、回復。

中には40度近く発熱している人もいるようだが、厚生労働省によるとほぼ2回目と同様な副反応が多いようだ。一方、痛みに関しては3回目のほうが頻度が高かったよう。(参考:厚生労働省https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0101.html

私は普通に働いていましたが、前回強く症状が出た人は翌日休みのときに打ったほうが安心かもしれません。

まとめ

  • 2回目の副反応とほぼ同じ
  • 注射部位の痛みは少し強かった

身の回りでは、2回目のときに副反応が少なかった人は3回目も少なかった人が多い印象で、2回目のときに症状が出た人は3回目も同様であることが多いように感じた。


コメント

コメントする

twenty − nine =

トップへ
目次
閉じる