貧血網膜症 機序・鑑別・診断・治療について

貧血網膜症anemic retinopathyについて。

目次

概要・病態

貧血に伴い生じる両眼性の網膜出血などの所見を言う。

貧血により網膜への酸素供給が不十分となり、血管壁が破綻する。

google画像検索「anemic retinopathy」(㊟目の画像が大量に出てきます)

原因

貧血が原因。

貧血(世界保健機構WHO)

ヘモグロビン濃度:成人男性13g/dL以下、成人女性12g/dL以下
ヘマトクリット値:成人男性39%以下、成人女性36%以下 

症状

基本的に貧血網膜症のみでは症状はない。

黄斑部に出血が生じると視力低下や中心暗点などの視野異常が出現する可能性がある。

所見・診断

網膜や視神経乳頭の色調蒼白、網膜出血、Roth斑、硬性白斑、軟性白斑、網膜動脈の狭小化、静脈拡張・蛇行など

糖尿病性と比べ、後極に優位に所見を認める

貧血があり、上記眼底所見を認め他の原因が除外できるときに診断する。

治療・予後

貧血に対する治療を行う。貧血改善に伴い網膜所見も改善してくる。

基本的に貧血網膜症のみでは症状はなく、後遺症も残さないが、黄斑部に出血が生じた場合は視力低下や中心暗点などの視野異常が残る場合がある。



コメント

コメントする

5 × 3 =

トップへ
目次
閉じる